おねしょ

おねしょ

トイレトレーニングを卒業して、動き回っている間はおむつをしなくて大丈夫でも睡眠中におねしょをしてしまう子供は珍しくないということですが、昼間におもらししてしまうことと寝ている間のおねしょは種類が違うのです。
昼間おもらししてしまうことは、トイレトレーニングが進んでいくと回数が減ってきて、オムツを使用しなくてもよくなりますが、寝ているときにしてしまうおねしょは、トイレの訓練を行ったとしてもどうにかできる問題ではありません。
幼い子どもが睡眠中におねしょをしてしまうのは、膀胱がそれほど大きくないことと就寝中の抗利尿ホルモンの量が足りないことが原因として挙げられており、生理機能に関してまだ発達が足りないからです。
トイレの仕方を覚えさせるのに、何段階かを経てオムツが必要ないように導いていきますが、夜のおねしょは、成長するにつれて体の機能が発達し、おねしょが治ることが多いので、改善されるまでには時間が必要です。
それと、寝る前にオムツを装着する子どもも多数いますが、この頃は、おねしょをする子向けに生み出された夜だけするオムツや、トイレの訓練を考えたオムツが作られていますので、そういった品物を活用するのも一つの手です。
続いて、夜に装着するオムツが湿らなくなれば、トレーニングパンツを使うようにして、防水シーツなどを敷いて、おねしょをなくす練習を積んでいきます。
このときに注意が必要なのは、抗利尿ホルモンの量が増えづらくなるために夜は起こさず、早寝早起きのパターンを心がけるような環境を整えていくということです。
また、叱らずに焦らず見守ることで、膀胱が大きくなったりホルモンが大量に分泌されるようになるため、そのうち夜のオムツも不要になるでしょう。