関東でカニが楽しめて泊まれる地域って?

関東でカニが楽しめて泊まれる地域って?

関東でカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)が食べることができる地域は、有名なところでは、草津温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)があるのではないでしょうか。
中でも、草津温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)「ホテルヴィレッジ」のズワイガニ(漢字表記は津和井蟹、もしくは、楚蟹です。
細い木の枝というのが名前の由来で、その名の通りの細くて長い脚が特徴でしょう)食べ放題40品和洋中バイキングは、家族連れにも人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)。
源泉かけ流しの温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)は、深夜や早朝にも入ることができ、草津古来の伝統の入浴法である「時間湯」も体験することができます。

また、「草津温泉リゾートホテル(イメージ的にはやや高級感がありますが、実際には旅館とそう変わらない場合も少なくありません)」でも、ズワイガニ(甲殻類クモガニ科のカニで、食用として特に人気が高いです)やお寿司、ローストビーフも食べ放題です。
湯量豊富な源泉100%かけ流しが満喫出来るお宿で、温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)中心街に近く外湯めぐりもできるため、常宿として使ってみるリピーターが絶えません。

群馬県猿ヶ京温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)の「ホテルシャトウ猿ヶ京・咲楽」の夕食は、ズワイガニ(近縁種は、多少味が落ちるともいわれていますが、人それぞれの好みにもよるでしょう)食べ放題は当然として、地場産(おいしいと感じることが多いものです)の食材や旬の美味しいものがズラリと並ぶ、リピーターにも大好評のバイキングプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)。
大浴場は谷川連峰の緑の風景が目の前に広がり、夜は満天の星空を眺めながら露天風呂も楽しめます。

千葉県にも南房総の「富浦ロイヤルホテル」や 白浜女来島温泉の「グランドホテル太陽」というカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)やお刺身食べ放題の宿があるものですが、知る人ぞ知る人気が高いお店が「地魚・蟹料理 福喜庵」。
旅館の横に併設された食堂のお座敷で、食事だけを楽しめます。
このお店の新鮮で美味しい海の幸は、鮮度、味、ボリュームと文句なしの素晴らしさなのに、そのお値段の安さにまたびっくりします。
あまりカニを食べることができるお店がない南房総にあって、松葉ガニ(山?地方で獲れたズワイガニをブランド化して、こう呼んでいます)や毛ガニ(全身に短い剛毛が生えており、淡赤褐色なのが特徴です)が食べられる貴重なお店です。

このように、関東でも、探せばカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)が食べられて泊まれる地域はありますね。