産後うつ、という病気、症状がある?

産後うつ、という病気、症状がある?

最近ではよく知られるようになっていますが、マタニティーブルーと同じく女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多いうつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)の一つとして、「産後うつ」と言った病気があるんでしょうか。
産後うつとはその名の通り、産後に気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が落ち込んでしまう状態を言います。
マタニティーブルーは妊娠中に気分が落ち込んだり、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)後、間もなく起きるうつの症状を指すのです。
妊娠中に出産時や出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)後のいろんなことが不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)になってうつ症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出たり、出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)後に一気に減る女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)の影響で気分が落ち込む症状をいいます。
出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)後すぐに症状の出るマタニティーブルーは、程度の差こそあれ、およそ半分の人に何らかの症状が現れるといわれており、お産後2〜三日で起こり一箇月くらいのうちに治るのですね。
これに対し、産後2週間後以降から出るうつ症状を産後うつといい、気分の落ち込みだけでなくイライラしたり、突然不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)になったり、場合によっては動悸や息切れと言う肉体的な症状が出る場合だってあるのです。
また、産後うつはマタニティーブルーとは畭なって短期間で治らないと言う特徴もあるみたいです。
出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)後に里帰りなどにより子育ての支援が受けられたりすると、産後うつは起こりにくくなるなんです。
でも、持って生まれた性格などにもよるので、一概に「里帰り出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)なら産後うつになる事はない」とは言い切れないのです。
ただ、特に、身近に子育てについて相談可能な両親や友人などがおらず、ひとりで子育て全般をしなければならない状態だと陥りやすくなるでしょう