インソールを使うと多少、外反母趾の痛みが軽減される?

インソールを使うと多少、外反母趾の痛みが軽減される?

インソールを使うことにより、外反母趾(症状が酷くなると、歩行することさえ困難となり、手術が必要になることもあります)の痛みは軽減出来ますね。

その理由として、2つあるようです。

・インソールをいれることで足の動きを正常に手助けしてくれる
・重心の崩れている状態を修復する

このふたつです。

まず、インソールをいれることで足の働きを正常にサポートしてくれるというところなんです。

外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられています)の方がインソールを使わずに靴を履いていると、あなたの足に合う部分と合わない部分があったりして、違和感を感じる事もあるかと呼ねれているのです。

それが、インソールを使うと、足への負担をへらして姿勢を正し歩くことができるだけでなく、ただしい足指の動きを補助してくれるので、痛みが軽減されることに繋がるようです。

また、重心の崩れている状態を修復するというところなんですが、外反母趾になっていると重心がずれていたり足裏のアーチが崩れ気味になっている事が多いはずです。

インソールを使うことにより足裏が刺激され、重心を正しい状態に修復させようとするものです。

そして、刺激によって血行も良くなりますので、痛みが和らぐみたいですよ。

このように、手軽に使用できるインソールは外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられています)の痛みを軽減するのに役立つでしょう